今日のあるこ大学は、メンバーFさんによる「引き寄せの法則」についての講義でした。

あるこ大学とは、メンバーさんが講師になって、自分の得意なことや調べたことを「授業」してもらうプログラムです。

楽しいものから真面目な内容まで色々ありますが、最近は、自分の病気や症状について、当事者による授業も行われています。

今日は、メンバーFさんが、「引き寄せの法則」に関する授業をして下さいました。

引き寄席の法則とは、自己啓発のジャンルの一つ(・・・とワタクシは認識しているのですが、違ったらスイマセン)として世界中で愛好されており、関連する書物も多く出版されている、比較的メジャーな思考法と言って良いと思います。

Fさん曰く、「・・・タイトルを聞くと怪しいカンジがしますが、怪しくならないように頑張ります!」との前置きの元、内容についての基本を講義していただきました。

授業によると、「引き寄席の法則」とはすなわち「類は友を呼ぶ」という法則であるとのことです。つまり、自らの人生の中で出会っていく物事は、じつは自分の思考・感情・心象として外の世界に発散させているものの表れなのだそうです。

それを表した言葉として印象深かったのが、「人は生きた磁石だ。(中略)なんであれ、意識の上でこだわっていることを沢山経験することになる。」という言葉です。このことは自分のこれまでを思い返すと、良いことでも、悪いことでも、思い当たることがあるような気がします。

個人的にも興味があり、いつか本を読もうかと思っていた「引き寄せの法則」でしたので、今日の機会に勉強することができて良かったです。Fさん、短い時間の準備で大変だったでしょうが、ありがとうございました。(^_^)

by 地域活動支援センターあるこ スタッフM

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!

今日のあるこ大学は、メンバーFさんによる「引き寄せの法則」についての講義でした。” に対して1件のコメントがあります。

  1. ナマズネコ より:

    所用のため途中で退席させていただきましたが、とても興味深い内容で面白かったです。また、個人的にも教えてくださいね!

    1. ふみふみ より:

      有り難う御座います。「読書(だったか、本だったか……不確かですが)は遅効性の毒だ」という意見もあるようですね。ナマズネコさんの人生には、なにが引き寄せられてくるのでしょうか? 退席時間を延長させてまで、聴講してくださったナマズネコさん。こころよりの感謝を申し上げます。また、お話しましょう、ぜ!

  2. ふみふみ より:

    講師を務めました、メンバーFです。要は「信じるか、信じないか」ということなのですが、講義中には、その反証として文学始め、芸術の各分野を挙げさせて頂きました。人間は、ドロドロした部分も持っていますので、そうしたネガティブの発散をも必要とするのではないでしょうか。それで成功する人々も居ます。彼らは、自らの中にある「毒」を、作品として昇華させたのです。それで救われる人もいる。「引き寄せの法則」に従えば、ネガティブな要素を引き寄せたといえるかと思います。ぼくは、そうした表現行為を続行させるのは、かなり辛いと感じています。「作家をみたら、病人と思え」と言った人もいます。なんにせよ、自分に合った生き方を選択するのが良いかと感じています。すべてはあなた次第です。聴講してくださったナマズネコさん始め、スタッフ、メンバーの方々にお礼申し上げます。有り難う御座いました。