今日のPST~電話での通所の促し方~

PSTはプロフェッショナル(専門職)・スキルズ(技能)・トレーニング(訓練)の略で、スタッフのスキル向上のために、メンバーさんに相談役になってもらい、練習をする時間です。

今日はわたくしスタッフMの課題である、「しばらくあるこに来てていないメンバーさんの様子を伺い、来たいと思っている方は相談に乗りながら、通所のお誘いをする」という練習をさせてもらいました。

私は、上記のシチュエーションで電話をする際、相手の顔が見えない分、自分の話が、相手の望む内容でなかったり、強引な促しになってしまったり、切り際が分からなかったり、適切な提案でなかったりするのではないかという不安を抱くことがあります。

実際にロールプレイでいつものやりとりを皆さんに見てもらったのですが、その中で「切り際に迷うなら、電話で長話も何だから、続きはあるこにて詳しく聞かせてよ、と聞いてみたら?」「相談のために来所を促されることは、別に嫌じゃない。心配なら、来れるかどうかを聞いてもらえれば大丈夫」「困りごとに対して、こうしなさい、とかじゃなくて、受け止めてもらえたのが良かった。それからアドバイスに受ける分には、嫌な気持ちにはならない」など、目から鱗の意見を聞くことが出来ました。この点は、メンバーさんに直接お聞きしないことには絶対に知ることの出来ない、貴重な助言でした。

PSTに自分の課題を取り上げてもらうのは久々だったのですが、今まで不安に思っていたことに的確なアドバイスをいただけて、すぐに実践してみたいと思いました。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!