7月10日のあるこ文芸部

予告通りあるこ文芸部の作品をupします(^v^)
今回は前回載せてもいいよーという声があったSさんの「10年後の自分へ」という作品をのさせていただきます。
ではお楽しみあれー(^O^)

生きているかい?
生き生きしているかい?
満足しているかい?
充実しているかい?

でもそんなことはどうでもいいのだ。
君が元気なら・・・。
生きているのなら。

10年間の間、何があろうとも
僕は君を見捨てはしない。
それが僕の使命で役目で君を必要としているから。

自分を粗末にしない君。
そんな君がいとおしい。
頑張りすぎるな君。
10年は長い。
いつもそうだった、君は僕を楽しませてくれる
人生のかけがえのない人。

「10年・・・」大きなくくりだ。
しかしそのあとは誰にもわからない。

タイムマシーンなんていらない。

ゆっくりと歩んでいこう

以上です。

読みながら打ってて、自分に言われているような気がしてゆっくり自分らしく歩んでいけたらいいなーと思ったスタッフIでした。

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!

7月10日のあるこ文芸部” に対して1件のコメントがあります。

  1. ふみふみ より:

    人は完璧な人生を歩みたがる。それが悪いという訳ではない。自分のいいと思った選択をすればいい。しかし、誰もが避け得ないこととしてあるのが、不確定要素の侵入である。自分の望んだ選択でも、予期せぬ出来事は起こり得る。慎重になっても危険はある。問題はそれにどう対処するかだ。私見では、臆病になって先の先を読んで、目前のことをおろそかにしていては、結局うまくいくものもうまくいかないのではないかということを切に思う。「好き」「なんだか愉しい」「気持ちいい」「いい感じがする」etc.―きみの直感で、このように感じたものを大切にしていこう。Good Luck!