マスク同盟-Maskman is here!-66回

こんにちは。ふみまるです。
              *
今回はコウケンテツさんのYouTubeチャンネルより、「フレッシュトマトの簡単ミートソースペンネ」を採りあげます。ミートソースは第14回はるあんさんのレシピでつくりましたが、そのときはスパゲッティ、今回は、ショートパスタのペンネをつかいます。はるあんさんのミートソースでは、合い挽き肉や玉葱のほかに、にんじん、ピーマン、それからぼこう独自に茄子なども、みじん切りにして加えていましたが、今回「簡単」と銘打たれている通り、合い挽き肉と玉葱しかつかいません。(勿論ほかに必須のものはつかいますが。おもにみじん切りにする野菜類では、ということです)。みじん切りがたいへんなんですよね。あと「フレッシュトマト」ということで、生のトマトを2個ばかり贅沢に加えます。そして今回、添えるものとして、ツナサンド、たまごサンド(余ったフィリングを千切ったレタスとともに盛りつけた」インスタントのコーンポタージュ、それから、いつも在る、冷たい烏龍茶をセレクト。大量の食事となってしまいました。空腹だと、そのときのじぶんの適正量を見失いがちですね(仕方ないなあ)。主菜のペンネも、そのことに違わず、レシピで120gのところを袋に丁度150g入っていたため、30gくらいの差、まいっか、とすべて茹でてしまい、これも量過多となってしまいました。うーん。

それは兎も角ペンネは3分の早茹でタイプのもので、ペンネのひとつひとつが、標準より、ややちいさめものにみえました。(朧げな記憶による思い込のみ可能性あり、です)。早く茹であげるためでしょうか。ペンネは遙かむかし『NHKきょうの料理 きょう・すぐ・レシピ19 めん勢ぞろい!』をみながら「小松菜とじゃこのパスタ(ペンネ使用)」という和風ペンネをつくったことがあり、あとは枝元なほみさんのレシピでトマトスープをつくり、それにぼくオリジナルでペンネを加えたものをつくったことがあるくらいで、人気のペンネ・アラビアータなどは全然つくったことがないという経験のなさ。はるあんさんのミートソースと悠久の遙かむかしにぼくのなかに存在したペンネが「解剖台のうえのミシンと蝙蝠傘の偶然の出会い」の如く出会うや否や、全観衆注目の一戦です。
 つくっていきます。(サンドウィッチに関しては、第64回「至高のたまごサンド」を参照してください。フィリングのつくり方などはそちらに)。まず、サンドウィッチとレタス、フィリング添えからつくりました。そして以下、「ミートソースペンネ」の作製ににあたっていったのです。
 材料、オリーブオイル適宜、玉葱のみじん切り1/2個、ペンネ120g(今回150g使用)大蒜のみじん切り1かけ、合い挽き肉200g、トマト2個、酒大さじ2、トマトケチャプ大さじ2、塩小さじ1/3、醤油小さじ1、粉チーズ、粗挽き黒胡椒各適宜。

 フライパンにオリーブオイル適宜(入れ過ぎ注意!)のち、挽肉から脂がでるため)を入れ熱し、玉葱のみじん切り1/2個を炒めていく。ペンネを茹でる湯を沸かしておく。玉葱が良い具合に炒められたら、大蒜のみじん切り1かけを加え、サッと炒める。玉葱をフライパンの一方に寄せ、合い挽き肉200gを投入し、挽き肉のうえに玉葱をのせて、玉葱の甘みを挽き肉に移す。挽き肉がある程度こんがりしてきたら、玉葱と混ぜ、塊のままハンバーグを焼くような感じで、ほぐしていく。トマトをフライパンのうえから、皮ごと1個すりおろし、混ぜたら、もう1個をすりおろす。ペンネを袋の表示の茹で時間でみて、ソースのできあがりのタイミングで茹でていく(湯に塩を加える。)ペンネはスパゲッティなどのロングパスタと比べて、茹でおきが効く(あまりのびない)。フライパンに酒大さじ2、トマトケチャップ大さじ2、塩小さじ1/3を入れ、ある程度まで煮詰める。良い具合に煮詰まったら醤油小さじ1を入れ、ペンネも茹であがったら、それも加え、和えていく。器に盛り、オリーブオイルを廻しかけ、粉チーズ、粗挽き黒胡椒もかけたら、ハイ、完成!

 実食(頂きます)!
 おお、ペンネが山盛りだ。しかし空腹を武器にして、果敢に挑んでいく。スープを啜る。サンドウィッチも1個、たまごサンドを完食する。ペンネは挽き肉とフレッシュトマトの旨みが非常に感じられておいしいです。そこへトマトケチャップの風味が加わり、ペンネの歯応え、食感につながっているように思います。山盛りなので、なかのほうは熱々の状態が比較的長時間保たれています。チーズのコク、黒胡椒はスパイシーでアクセントばっちり。ひさびさのペンネ、なかなか美味也。量に敗け、ツナサンドとレタス、余ったフィリングこそ残しましたがペンネ、スープ、烏龍茶は完食、残りはフードロス防止の観点から、次の食事に頂こうと思います。
 フレッシュトマトをつかい、挽き肉、玉葱のみで、それ以外の野菜をつかわない簡単ミートソース。トマト缶でなくフレッシュトマト「秘儀・玉葱on挽き肉」で玉葱の甘味を挽き肉に移した「移り香効果」の旨みを味わえる
ミートソースペンネ。技の使用、勘どころを心得た本メニューはとても、こころ悦ぶ至極のひと品でした。
               *
次回、またなにかつくっていこうと思います。Ciao,Ciao!

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

待ってるで!
就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!