「非公式」非公式スキップ通信 ~時の流れ~

今日のスキップは、朝から穏やかな雰囲気。

ホヤスキー先生は熱心に執筆に没頭していらっしゃいます。

Rチップ作業は「栗を剥く」とか「カニ喰う」だとか

そんな行為にも似た作業。。

黙々と、淡々と、でも、時に楽しく。

まるで夏のような天気で、ちょっとお疲れモードのメンバーさんも

テンション上がり気味のメンバーさん(及びスタッフ)も、

それぞれのペースで仕事に参加しています。

さてさて、今日はホヤスキー先生が執筆された、新作通信を公開格しますね(^-^) お楽しみに~☆

****************************

「非公式」非公式スキップ通信~時の流れ~

皆さん今日は。今日から五月ですね。

一年ももう半分近くが過ぎてしまいました。時の経つのは早いものだと痛感する今日この頃です。

ですが、「年度」で考えるとひと月が過ぎただけなのです。

この事を、自宅の冷蔵庫にマグネットで止めてある、ごみ出しカレンダーが教えてくれました。来年の三月末日までが本年度である事を。

ですが時の流れを止める事はできません。最近は年齢のせいか「時の流れ」を特に意識する様になりました。

私が住む街でも日々変化を感じています。例えば、愛用の某私鉄系スーパーマーケットが半世紀近い営業に終止符を打ちました。

それにより愛用のトイレットペーパーが入手困難となり、現在では某ドラッグストアにて別銘柄を買い求めております。

また、さきのスーパーマーケットにテナントとして入っていた靴の修理屋さんも閉店の運びとなりました。こちらはどうしようかと思っておりました折、偶然にも二駅ほど先の街に同業者さんを見つけ、次回からはこちらでお世話になろうかと考えています。

そして鳴物入りでリニューアルした私の街の駅ビルにも空き店舗が目立つようになりました。

さらには長年営業をしていたクリーニング屋さんも店仕舞いをしてしまいました。このお店の割引券はとうとう使わずじまいでした。

思えば十数年前に仕事の都合で、他県より単身転居してきた私ですが、この地に来てから様々な出来事がありました。

ですので、私は帰省する度に街に違和感を覚えます。実家のある街であるにもかかわらず、帰る度に街がどこか変化していて、私には「異郷」に感じるのです。

と同時に、すっかりでは無いにしろ「こちら」の人間になりつつあるのかと感じたりします。

何にせよ、発病したのがこの地なのですから。そして一身上の都合で帰郷せずにこの地で治療を、生活を続けようと決めた街なのですから。

そして縁あって当時の「あるこ」に辿り着き、後に「あるこ」の場所が「スキップ」へと変わり「あるこ」が線路沿いに引っ越してからも私はこの場所、「スキップ」に留まりました。それだけに居心地が良かったという事でしょうか。

スキップとあるこが平和であり続けます様に。多少の変化は仕方ないとしても、その根幹の精神はどうか変わりませんように。いつまでも私にとっても皆にとっても居心地の良い場所であり続けますように。そう願わずにはいられない私なのでした。

2015年5月1日

ホヤスキー

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

待ってるで!
就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!