マスク同盟-Maskman is here !-第62回

こんにちは。ふみまるです。

今回は人気カレー店《SPICY CURRY 魯珈(ろか)》店主、カレー料理人、齋藤(さいとう)絵里(えり)さんのレシピより、「スパイシー!担々カレーうどん」をとり挙げます。

齋藤絵里さんのレシピとしては、第49回「汁なしカレー担々麵」(この回だれウマさんのポテサラ含む)、第52回「タンドリー風チキン」に続き、3回めとなります。

今回のレシピはNHK総合『あさイチ』で紹介されていまして、「汁なしカレー担々麵」の時とおなじ動機でチョイスしました。曰(いわ)く、ぼくはカレーも担々麵も好物なので、その両方を併(あわ)せもつ「それ」を選んだのだと。

齋藤絵里さんと《SPICY CURRY 魯珈(ろか)》については、第49回にその概容を述べてあります。それよりもっと詳しくお知りになりたい方は検索してみてください。

「スパイシー!担々カレーうどん」は、カレー要素と担々要素が材料(おもに調味料)に混在しています。それはつくりながらの愉(たの)しい発見でした。もし、つくろうという方がいれば、そうした視点も、ひとつの創作態度として、お勧め致します。

さて、早速つくっていきます。

材料(ひとり分)、冷凍うどん1玉、サラダ油大さじ1 1/2、クミンシード、花椒(ホワジャオ)各小さじ1、すりおろし大蒜(にんにく)、すりおろし生姜各大さじ1/4、豚ひき肉70g、細ねぎ(下半分)10g、レトルトカレー1袋、白ごまペースト(※練ごまを使用)大さじ1、めんつゆ少々、ラー油、細ねぎ(上半分)、すりごま各適量。

サラダ油をフライパン、鍋等で温め、弱火でクミンシードを炒め、香りが立ったら、花椒(ホワジャオ)を加え、これも香りが立ったら、すりおろし大蒜(にんにく)、すりおろし生姜を加え、炒める(油跳ね注意!)。中火にし、豚ひき肉、細ねぎ(下半分)を加えて炒め、日が通ったらレトルトカレーを入れ、めんつゆで溶いた白ごまペーストを加え、煮立ったら火を止める。好みで、ラー油、細ねぎ(上半分)、すりごまを加えて、つけだれはできあがり、器に盛る。冷凍うどんを熱湯で茹でるかレンジにかけ、氷水で締め、水を切り、皿に盛り、細ねぎを散らしたら(今回茹で玉子を添えました)、ハイ、完成!

たべていきます(頂きます!)

うどんをたれに浸(つ)け、啜(すす)る。豚ひき肉の旨み、クミンシード、花椒(ホワジャオ)の風味が前面に押しだされていて、おいしい。ラー油の辛さは殆ど感じない。香ばしいのは、すりごまの作用か。いずれにしろ美味。茹で玉子(半熟)もたれに浸(つ)け、たべる。卵の黄身が、たれの味をまろやかにしてくれる。旨(うま)い。うどん1玉はなくなったが、たれが余ったので、もう1玉解凍し、今度は温かいまま、たれと和え、たべる。こちらもおいしい。カレー味のジャージャー麵みたいだ。

つけめん形式の本レシピ、担々麵とカレーの良いとこどりをした感じがあり、満足&満腹でHappy&Luckyなところに落ち着きました。

次回、またなにかつくっていこうと思います。Ciao、Ciao !

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

待ってるで!
就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!