マスク同盟-Maskman is here!-第59回

こんにちは。ふみまるです。

       *

 今回幾つかのレシピの合わせ技、そして牽強附会な夏野菜シリーズ13回目となります。つかうのは大葉。大葉の登場は、第50回「大葉のサンドウィッチ」に続き、 2回めです(数え間違いでなければ)。コウケンテツさんレシピ、シリーズ「これ添えて」より「大葉のしょうゆ漬け」、リュウジさんレシピより「大葉の浅漬け」をピックアップ。あと汁物として、リュウジさんの「モロヘイヤのスープ」を卓上へ。そして既に取りあげたもののなかから、第55回「きゅうりの簡単しょうゆ漬け」、第56回「ちぎりトマトの美味しいマリネ」、第58回「なすのレンジ蒸しナムル」をふたたびつくり、食卓へ載せました。一度目の作成の反省を踏まえての調理となりました。成功を願う。ところでモロヘイヤとは、どんなものか。これは約5000年前から、エジプトでは野菜としてたべられていたそうで、非常に栄養価が高く、β-カロテン、カルシウム、ミネラル、ビタミン類、食物繊維など、それらを含むほかの食物より多く含まれているか、モロヘイヤ自体で沢山あり、特にモロヘイヤに豊富にあるビタミンA,C,Eには、抗酸化作用により免疫力を高める働きがあるので、風邪やインフルエンザ、アレルギーなど、多くの病気の予防や症状の軽減、アンチエイジング効果にもつながることが期待されているのだということです。(モロヘイヤ効果研究所 モロラボ モロヘイヤ解体 栄養コラムHPより。監修:管理栄養士 平井美穂先生)。

と、能書きはこの辺にして、早速作っていきます。

コウケンテツさん、「大葉のしょうゆ漬け」。ご飯がすすむことから❝ご飯泥棒❞の別名が付いています。

材料、大葉ひと束(10枚)、麺つゆ大さじ1/2、醤油大さじ1,大蒜すりおろし少々、水大さじ1以上適宜白いりごま小さじ1、ごま油小さじ2,粉唐辛子適宜(または一味唐辛子少々)。

大葉10枚 を水洗いし、キッチンペーパーを敷いたうえに1枚ずつ並べ、さらにうえからキッチンペーパ-を被せ、軽くおして水気を取る。(軸を取っておく)。たれをつくる。醤油、大蒜すりおろし、めんつゆ、白いりごま、ごま油、水、粉唐辛子(少し。ぼくは一味で代用)を合わせる。大葉を皿にのせ、合わせたたれを塗り、うえから大葉を重ね、またたれを塗り、それを繰り返して10枚つくっていったら、完成!

リュウジさんの「大葉の浅漬け」。

材料、大葉ひと束(10枚)、白だし大さじ21/2、水60cc。
大葉を洗い、水気を取る。軸を取り除き、容器や皿等に入れ、白だし大さじ21/2、水60ccを加え、ラップを落とし蓋のように被せ、大葉が浸かるようにし、冷蔵庫で30分置いたら、完成!

リュウジさんレシピ、「モロヘイヤのスープ」。

材料、モロヘイヤひと束(80g)、大蒜3片、唐辛子1本、オリーブオイル大さじ2,水500ml,コンソメ大さじ1,塩適量、胡椒適量。

大蒜3片は潰し、皮を剥き、芯を取り、粗みじんにする。唐辛子は半分に割り、種を取る(個人的には結構辛くなるので、好みで量を調節するのが良いと思います)。モロヘイヤは茎の端2~3cmを落とし、千切りにしていき、さらに細かく刻み、粗みじんにする。鍋に粗みじんの大蒜、オリーブオイル大さじ2を入れ、強火にし、温め、沸いてきたら火を弱め、大蒜が色付く迄炒めて、色付いたら唐辛子を加えたら、水500mlを注ぎ、強火にして、沸かしていく。コンソメ大さじ1を入れ、混ぜる。沸いてきたら刻んだモロヘイヤを入れて混ぜ、弱めの中火で煮る(沸騰させないで良い)。少し煮込んだら味見し、塩・胡椒で調味する。皿に盛って、完成!

配膳。

予めつくっておいた、「きゅうりのしょうゆ漬け」、「トマトのマリネ」、「なすのナムル」も小鉢に盛ります。あとは、白いご飯と冷たい烏龍茶を卓上へ、スープと大葉2種も揃えたら、お手てとお手ての皺を合わせて、ハイ!頂きます!

❝ご飯泥棒❞は刺激的。その名の通り、ご飯を掻き込む意欲が右肩上がりになります。ごま油と少し加えた一味唐辛子が効いている。「大葉の浅漬け」。もご飯に合います。「大葉のしょうゆ漬け」程の破壊力はないものの、確実にご飯が減る。これの紹介動画(YouTubeです)のコメント欄に、納豆を巻いてたべたがイケたという意味のものがあり、それはぜひ試してみたいと思いました。「モロヘイヤのスープ」をひと口。唐辛子がピリリとくる。この辺好みです、唐辛子の有無は。塩加減は丁度良い、ぼくの課題、塩の塩梅はクリア、良し!大蒜の香りとモロヘイヤの粘るとろみが鼻孔と舌にソフトにタッチダウン。とろとろとおいしく良い。

大葉2種とスープで白いご飯は転がる石のように少なくなり、苔むす隙きをを与えませんでした。満足度高し。シリーズ「これ添えて」からの3品も、きゅうりシャキシャキ、トマト甘々、なす柔らかく、特になすの初回よりのリカバリー率が高く、大きさに伴い、合ったレンジ加熱時間の大切さを知りました(今回50秒ほど長く加熱)。

今回期せずして、野菜がすべてのラインナップになりました。ガッツリいかないと満足できないかなと思っていましたが、そんなこともなく、簡単で、しかもおいしいという結末に、満足しかない状況が産み出されました。良かった!

                *

次回、またなにかつくっていこうと思います。Ciao,Ciao!

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

待ってるで!
就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!