マスク同盟―Maskman is here!―第14回

 

こんにちは。ふみまるです。

 

 

市販のパスタソースは味が濃い。そうお感じの方も多いんじゃないでしょうか。

 

トマトソース系のものやカルボナーラ、ボロネーゼ(ボローニャふうミートソース)といった数々のソースがスーパーの棚で、あなたを待っていますが果たして。

 

で、今回はミートソースパスタ。市販のものに対抗してという訳ではありませんが、手づくりはどんな味になるか、興味津々です。

 

 

 

レシピは、はるあんさんより。ぼくは初挑戦です。

 

まず、玉葱、にんにく、ピーマン等をみじん切りにするのですが、ここでもうヤられました。こ、腰にきた。年齢は正直だ。

 

しかし、めげず、下拵(したごしら)えが終わったら、炒めていきます。玉葱、にんじんの甘味とピーマンの苦味、合い挽き肉の旨味が食欲をそそります。

 

トマト缶を加え煮ます。トマトの酸味がやってきます。ちょっと味見。んー、OK!

 

汁気がなくなるまで煮たら、中濃ソース、バター、塩、黒コショウで調味します。

 

味見を。んー、素材が野趣溢れる味わいをなして舌に襲いくる・・・、よくわからない食リポもどきですが・・・・・。塩気も丁度良い。

 

スパゲッティを茹で、皿にトングを捻りつつ高く盛りつけ、うえから、できたてホヤホヤのミートソースをかけ、粉チーズもかけます。

 

市販の濃すぎる味を避け、ここまで書いてきたように、素材の味が活(い)かされ、おいしい。

 

粉チーズのコクもでています。成功です。はるあんさんのレシピ本には、「ミートソースごはんにしても」と、ミートソースドリアのようなたべ方も勧められています。つぎの食事でトライしようかな。

 

 

(後日作ったミートソースごはんがこちら!)

 

 

次回、またなにかつくっていこうと思います。Ciao,Ciao!

 

作:ふみまる

文字入力:ゆきぽん

スキップ&あるこは、みんなと出会えるのを待ってるヨ!

待ってるで!
就労継続支援B型事業所スキップ&地域活動支援センターあるこは、西武新宿線航空公園西口駅前にあるよ!

気になった方は、お問い合わせフォームから気軽に連絡してね!